メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

あの戦争は何だったのか

 「あの戦争は何だったのか」(保阪正康:著 新潮社)、読了。

 「あの戦争」とは太平洋戦争を指しています。やや微妙な位置にある本で、戦史とは違うような気がします。「あの戦争」のことをほとんど知らない人に向けた、概略と解説というおもむきです。文章はわかりやすく、太平洋戦争のことを勉強してみたいが、いきなり分厚い歴史書はちょっと・・・という向きには、最初に読んでみる本として良いのではないのでしょうか。

 個人的には以前にどこかで読んだ内容がほとんどで特に新しい発見はなかったのですが、著者が開戦の真の黒幕を日本海軍としている点は、今後ちょっと気をつけておきたい指摘でした。