メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

統帥権と帝国陸海軍の時代

 「統帥権と帝国陸海軍の時代」(秦郁彦:著 平凡社)、読了。

 明治憲法に定められていた統帥権(国軍に対する指揮命令権とでも解釈するべきでしょうか)の在り方が、第2次世界大戦敗北に至るまでの日本にどのような影響を与えたのかをたどった本。

 法制度を中心にした本なのかな、と思ったのですが、それ以外の話も挟みこまれ、時代も行きつ戻りつと少々まとまりのなさを感じます。制度関係の部分の方がおもしろかったですし、そこに重点を置いて内容を絞るべきだったような気がします。