メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

誰が本当の発明者か

 「誰が本当の発明者か」(志村幸雄:著 講談社)、読了。

 実は難しい発明者の特定についての本。主によく知られた発明で起きた特許紛争などを実例として取り上げた上で、著者の見解が盛り込まれています。

 エジソンやライト兄弟がその発明の特許を巡って、盛んに法廷闘争を繰り広げていたとは知りませんでした。子どもの頃、エジソンもライト兄弟も伝記を読んだ覚えがあるのですが、そんなこと、どこにも載っとらんかったぞ。エジソンにいたっては「商工業の世界では誰もが盗む。私自身もずいぶん盗んだものだ。肝腎なのはいかに盗むかである」とのたまったとか。