メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日のマンガ

トモネン

 「トモネン」(大庭賢哉:著 宙出版)、某大手インターネット通販でオススメされて、読者の評価も高かったため、つい買ってしまいました(笑)。わたしにしては珍しいことです。

 著者は児童書の挿絵を描くことが多いらしく、それ風の絵柄ですが、マンガとしてはかえって異色のタイプかも。

 短編集で収録作品はどれも少年少女を主人公としたもの。内容も児童書的まっとうなお話が多いのですが、ケレン味だらけの今の少年少女マンガではあまり見られないのじゃないのでしょうか、こういうの。

 収録作品の中では、表題にもなった魔法使い見習い少女のお話が気に入りました。ちょっとピントを外した可笑しさが楽しいです。オススメにのって良かったカモ(笑)。

 で、「いったい、どこの雑誌に掲載されてたんだろ?」と思って巻末を見ると、大半が同人誌で発表されたもので、それ以外は描き下ろしでした。こういうマンガが商業ベースにのらないというのは、なんとなく納得できるような、しかし寂しいような・・・。